2019年06月07日

2019年6月7日関東甲信越、東海、北陸、東北南部が梅雨入り!そもそもなんで『梅雨』って呼ばれてるの??

お疲れ様です😁
りのです😊🙌

1週間お疲れ様でした😌✨
月初の週だったので、締めの業務がご多忙だった方も多いかと思います😖

今日は雨降りなので、早速昨日買った傘が役立ってます😘
やっぱり傘骨が多いのでしっかりとしてますね☂

252ADFC7-9E98-4B5B-A134-4F8BCDB1FA99.jpeg

気象庁が関東甲信越、東海、北陸、東北南部の梅雨入りを発表しましたね☔‼️

去年は梅雨の時期にあまり雨が降らなかった覚えがあります
今年はどうなることでしょう😵

B1EA59EF-0371-4425-99A0-122D0A0CFA40.jpeg

梅雨
梅に雨と書きますが、2つの由来があると言われています🙌

元々の語源中国で、黴(かび)の生えやすい時期の雨ということで黴雨(ばいう)という呼ばれていたそうですが、『黴』という字があまり良い印象で無かったために『梅雨』という漢字が使われるようになったと言われています。

なぜ『梅』という漢字が割り当てられたかは現在も謎だそうですがww


1、日本歳時記の表記
四季12ヶ月に分け、各月に公事、祭事、農事、衣食等が年中行事風に配列されている。

その中に
『此の月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく』という一文があります。

このことから本が出た1688年、江戸時代から梅雨という呼ばれ方をしていたと考えられています。

2、露と潰ゆの語呂合わせ
同じ水の言葉である『露』の音の元になっている説や、
梅の季節で梅が潰れていくのですが、『潰れる』という言葉は『潰ゆ』と呼ばれており
梅の実が『潰ゆ』季節であることから梅雨と呼ばれるようになったとされています。

C4E2AEC4-622F-4D51-8C11-D7644E49677C.jpeg

明日はお天気は回復?な感じですかね☁️☀
それじゃあ素敵な夜を😌



posted by りの at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。